2013年03月25日

京成3300形リバイバルまとめ、ちょこっとだけ

3月24日(日)のファイアオレンジ3312編成を最後に、
京成の3300形リバイバル塗装の3編成全てが惜しまれつつ引退。

これで3300形もかなり数を減らすことになり、またさらに寂しくなるな…。

ちょこっとだけ写真を撮ったので、思い出として記録しておくことにする。



■3356編成(青電塗装)

20130324_01_3356f_20130213.jpg
2月13日(水)。

20130324_01_3356f_20130218.jpg
2月18日(月)。
青電3356編成の最終日。753列車。
この折り返し952列車成田行きが最終運用だった。

3300形は青電塗装の実績が無く、今回のリバイバルが初。
このカタチでも青電塗装は似合うと思った。
欲を言えば「Keiseiロゴ」のままではなく「K.D.K.ロゴ」を
再現して欲しかったなぁ(^-^;ゞ




■3324編成(赤電塗装)

20130324_01_3324f_20130317.jpg
3月17日(日)。
金町にて。
ミスティラベンダー帯の縁取りはテープで再現された。
この窓下ライト顔での赤電塗装の再現は3298編成以来。

20130324_01_3324f_keiseilogo.jpg
赤電塗装とKeiseiロゴの組み合わせ。

20130320_01_3324f_3324narita.jpg
3月20日(水祝)。
最終日、臨時列車「さよならリバイバル赤電」特急成田行きの運転日。
成田1番線に到着。
実際に船橋より乗車し、沿線の盛り上がりと、特急としての力強い走行ぶりに感動。
この列車に乗って成田詣に行けたのは良かった(´∀`)

20130324_01_3324f_20130320_2.jpg
回送となって宗吾へ。
大勢のファンに見送られながら成田を出た。




■3312編成(ファイアオレンジ塗装)

20130324_01_3312f_20130321.jpg
3月21日(木)。
上野にて。
まだ数日運転されるものの、この日も撮影者は多かった。

20130324_01_3312_light.jpg
大規模な更新改造工事で3300形は今の顔となったけれども、
その時の赤電系はまだファイアオレンジ塗装だった頃であり、
リバイバル3編成の中でこのファイアオレンジが再現性が高い。

20130324_01_3312f_keiseigrouplogo.jpg
…とは言うものの当然当時は京成グループロゴなど無く、
これについては、なんとなくミスマッチ感は否めない(´・ω・`)

20130324_01_3312_number.jpg
3312の車番。
車体側面で腰の下に車番表記があるのは京成の通勤型では3300形が唯一。

20130324_01_3312_keiseilogo.jpg
ファイアオレンジ塗装とKeiseiロゴの組み合わせ。




もう「動くリバイバル」は無いかな…。
京成電鉄100周年記念のイベントだったとはいえ
4年もこの姿で動いてくれたのは嬉しかった。
期間中は千葉線や本線普通で乗車したり見かけたり、
ステンレス車が幅をきかせてる中でそのインパクトといったら…。

昔は皆こんな塗装だったのにね…。
残された3300形、そして北総の7268編成の今後の動向が気になるなぁ…。
Posted by 本厚木かなお at 00:26 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道・交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※表示されるまでに時間がかかることがありますのでご了承願います。
この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※反映されるまでに時間がかかることがありますのでご了承願います。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。