2007年01月31日

車内改札すべきなのでは?

■「スイカ」と「パスモ」乗り継ぎは苦手?割高の場合も
(読売新聞 - 01月31日 14:41)


結局解決せずにこのまま行くんかい・・・。

西船橋〜中野はPASMO・Suicaだと
強制的にJR料金ってことか・・・?
この場合下車駅で精算機に通したらどうなるだろ・・・。
どちらの経路で精算するか聞かれるんじゃないの?

区間内のどこかで車内検札したらどうよ、JR東もメトロも。
どんな方法であれ、経由地をハッキリさせるような
システムにしない限りは問題解決しないと思うが・・・?
そういう面を改善する努力というものが
全く感じられないんだけど・・・。
Posted by 本厚木かなお at 23:55 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道・交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

コミック・ガンボ

えーっと・・・・・・。
うーん・・・・・・。







個人的に「4コママンガブーム到来」な俺には合わないな、うん。
タグ:コミック
Posted by 本厚木かなお at 22:37 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京成3298編成「特急開運号」

・・・久々の記事投稿・・・。

28日午後、どうしても我慢できなくて見に行ってきたw
京成3298編成「特急開運号」。
今でもあのツートンカラーが一番良いと思っている。
青電とともに、当時の姿は
「うっすら」としか記憶にないんだけど・・・。




前日、京成が公表していた復路の運転時刻と
それに近い他の定期列車時刻から
開運号のおおまかな通過時刻・退避駅での着時刻・
発時刻をそれぞれ「WinDIA」を使って割り出した。
久々に使ったなぁWinDIA。

まずは勝田台で通過していく姿を目撃。
駅の発車案内は「団体専用」となっていた。
開運号の通過を注意するアナウンスもあった。
勝田台では復路を狙うファンが下りホームに7、8人ほど。
上りホームでも数名の方が通過する3298編成を撮影していた。

そのあと船橋競馬場を目指して、
後続の1362K(飛)快速で後追い。
車内にはファンと思われる方々が多数。
カメラを担いでいたり時刻表や鉄道雑誌を確認していたり・・・。



船橋競馬場1番線に到着。
2番線には・・・、
いたいた開運号3200形3298編成。
上りホームも下りホームも人、人、人・・・。

自分もケータイでその姿を撮る。
※たいした写真でないのはご勘弁を・・・。
 「撮り鉄」って、あまりしたことがないので(^-^;;
注目の的・3298編成


以前、青砥で開催されていた鉄道の日イベントで、
展示されていた開運号のヘッドマークを見たことがあったが、
実際に車両に取り付けられているのを見たのは今回初めて。

更新工事等で既に当時と姿が変わっているものの
ミスティラベンダーの帯はツートンカラー時代の頃に再現された。
これ、ヘッドライトの位置が位置だけに、
正直ここまで再現されるとは思っていなかった。
期待してた以上の再現具合に拍手!!



車内・車外ともに大人から子供まで多数。
これくらいの子供さんはツートンカラーどころか、
ファイアオレンジ一色の時代すら本でしか知らないんだろうな・・・。
自分がこの子供さんくらいの時には既にファイアオレンジ一色だった。



数年前まで活躍していた3150形・北総7050形、
そして同じ運命を歩んできた3200形3294編成がいない今、
この3298編成が京成の通勤型車両で最後の片開きドア車。
片開きドアゆえに大きな窓がとても印象的。
この編成さえも廃車を迎えてしまうのは、
仕方無いことだけど残念・・・。




船橋競馬場をあとにして、
高架線の大神宮下へ上っていく3298編成の姿を見て
なんだか急に現実に戻ったような気がした。


3298編成はヘッドマークを通常の種別幕に戻し、
通常の普通列車としてまだ数日は動くそうだ。
もう一度見に行けるかな・・・。


やっぱり京成の古参車には、姿は変わってしまっていても
このツートンカラーが一番良く似合うと個人的に思っている。

3200形、3300形はまだ数本残っている。
これらが消滅してしまう日はそう遠くないわけで・・・。
そのときにも何かこのようなイベントがあるといいな・・・。
Posted by 本厚木かなお at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道・交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。